歯周病治療

日本人成人の約8割は、歯周病にかかっているということをご存じでしょうか
(平成23年歯科疾患実態調査/厚生労働省)。
歯ぐきに異常を感じたら、歯周病を疑ってみてください。

歯周病の進行段階とその治療方法

初期   歯ぐきが赤く腫れ、歯磨きの際に出血することがあります。
ただ、この段階では、無症状なことが多くあります。
歯石を取り除き、歯磨きを丁寧に行えば改善する段階です。

[治療方法]

原因となっている、歯石や汚れを除去します。
また、歯ぐきをマッサージして血行を促進させます。

中等度   水がしみるようになり、歯ぐきがときどき腫れたり、出血したりします。
口臭がするようになり、歯がグラグラと動くようになります。
歯と歯ぐきとの間の溝が深くなり、進行が進みやすくなります。

[治療方法]

歯石や汚れを取り除くとともに、場合によっては、患部の外科処置を行います。

重度   歯ぐきに触れると激痛があり、指で押すと膿が出るようになります。
歯ぐきが下がり、歯の全体がグラグラします。
歯石が、歯の根の深くにまで付着し、歯を支える骨が溶けてしまいます。

[治療方法]

外科手術をおこなうとともに、症状によっては、抜歯することもあります。
抜歯や歯のぐらつきによってかみ合わせがうまくいかない場合は、その治療も行います。

ムシ歯を早期発見、早期治療したい方に、定期健診をおすすめしています。