ムシ歯治療

歯が痛い。歯がしみる。そんな症状が出たら、ムシ歯かもしれません。
ムシ歯はある程度進行してから症状が出るので、早期治療には定期健診が欠かせません。
また、歯に異常を感じたら、すぐに受診されることをおすすめします。

ムシ歯の進行段階とその治療方法

C0   表面が浅く溶けた、ごく小さなムシ歯です。
表面が白く濁ったり、溝が茶色になりますが、穴はあいておらず、痛みもありません。
[治療方法]
薬を使って歯の再石灰化を促したり、ムシ歯の進行を抑制したりします。
この段階では歯を削らず経過観察します。
C1   歯の表面のエナメル質が溶け、小さな黒い穴があいた状態です。エナメル質には神経が通っていないため、自覚症状はありません。
[治療方法]
ムシ歯の部分を削り、歯と同じ色の樹脂を詰めます。
C2   歯の表面のエナメル質の下にある、象牙質にまでムシ歯が進行した状態です。
ズキッと痛んだり、歯がしみたりします。
[治療方法]
基本的な治療法はC1と同じで、ムシ歯の部分を削り、樹脂を詰めます。
範囲が広い場合、型どりをして詰め物をつくり、接着することもあります。
C3   ムシ歯が歯の神経にまで進行した状態です。
激しい痛みをはじめ、歯ぐきの腫れや出血といった症状があります。
[治療方法]
まず、神経を取り除きます。
その後、銀歯やセラミックといったかぶせ物で修復します。
C4   ムシ歯がかなり進行し、歯の根元だけが残っている状態です。
膿が出たり、歯ぐきが大きく腫れたりします。
[治療方法]
基本的に抜歯します。
ムシ歯を早期発見、早期治療したい方に、定期健診をおすすめしています。